女性の暮らしの注意点

空き巣などの被害を防ぐ防犯対策には色々あることがわかりましたが、女性はそれだけで犯罪の被害に巻き込まれやすくなってしまいます。

  •  
  • とても卑劣な考え方なのですが、男性の空き巣にとって、万が一見つかった時のことを考えれば、女性の方が圧倒的にリスクが少なくなっているのです。 そのため、女性は住まい選びの際に防犯面に人一倍気を使う必要があるでしょう。
  •  
  • 特に一人暮らしの場合は注意が必要になりますので、家賃や間取りなどと共に、防犯という項目も頭の中に入れて、住まい選びをするようにしましょう。 まずは、一人暮らしを相手に悟られないようにすることも重要で、上にも書いたとおり、女性の一人暮らしとわかった段階で、空き巣にとってはターゲットなのです。
  •  
  • また、女性の一人での暮らしの場合は、特に1階や2階の物件には注意すべきです。 犯人にとってはとても侵入しやすい場所になりますので、これに女性の一人暮らしであるという条件が重なることで、ターゲットになってしまうかもしれません。
  •  
  • さらに、ベランダや窓に死角を作ってしまっていないかを確認することも重要で、周囲におかれている物によって、容易に建物への侵入が行われないか、これも重要なポイントになってきます。 一階にプライベートを重視するための目隠し用の植物が植えられていることも多いですが、これは空き巣にとっては死角となってくれ、犯行をしやすくしてくれるのです。
  •  
  • このように女性の一人暮らしには気をつけなければならないポイントがたくさんあります。