留守を悟られない

今回は、留守と空き巣の問題についてですが、単身住まいは特にそうなのですが、何かと家を留守にすることが多いのではないでしょうか。 そして、空き巣は留守の時間が長い家であればあるほど、侵入しやすい家として認識しています。

  •  
  • ベテランの空き巣になると、情報収集にも余念がありませんので、街歩きをしている不利をしながら、もしかすると侵入しやすい家を物色しているのかもしれません。
  •  
  • 空き巣は、何としても鉢合わせだけは避けたいので、事前にどの家のどの時間帯が留守であるのかを調べます。
  • そのため、防犯の観点から考えれば、留守の時間を限りなく少なくすれば、被害にあってしまう可能性は少なくなるのです。
  •  
  • しかし、家族で暮らしているマンションや一戸建てならばまだしも、単身者がずっと家にいるというのは無理がありますので、ここは空き巣に留守を悟られない工夫をするのもよいでしょう。
  •  
  • はっきりと家が留守であることを周囲に知らせている家は、まさに空き巣にとってみれば天国です。
  • 逆に、人がいるのか、いないのかわからないような家は空き巣も迷うのではないでしょうか。
  •  
  • 例えば、電気をつけっぱなしにする方法は、有効な対策法でもあって、消費電力の少ない電気をひとつつけっぱなしにしておくと、空き巣は中に人がいると思ってくれるかもしれません。 また、人がいないとハッキリわかってしまう状況に、郵便物や新聞を溜めこんでしまう状況があって、これも空き巣のターゲットになるポイントです。