空き巣の性質

  • 住まいの防犯面を考えるならば、空き巣の性質についてよく知る必要があるのではないでしょうか。
  •  
  • まず、空き巣の性質としていえるのは、とにかく侵入しやすい住まいが狙われやすいという部分です。 死角もターゲットにされるかされないかのポイントではあるのですが、ほんの数分で侵入できるような住まいは、白昼堂々、犯罪が行われてしまうかもしれません。
  •  
  • ある調査によれば、侵入に5分程度の時間を要する場合は7割近くの空き巣があきらめるというのです。
  • さらに、10分以上時間がかかる場合にはほぼ9割の空き巣が侵入をあきらめてしまうのです。
  •  
  • 10分間も住居の周りで、怪しい行動をしていれば、当然周囲の人達に気づかれる可能性は高くなってしまいますので、ある意味では当たり前なのかもしれません。
  •  
  • また、空き巣は顔を見られるのが嫌いなので、とにかく留守中を狙って犯行を行います。
  •  
  • 侵入して、いきなり居住者と鉢合わせてしまうような状況だけは、空き巣としても避けたいのです。 この性質を考えてみると、複数のロックを鍵に取り付ける、これだけでも一定の効果があることがわかり、それがひとつひとつ手間のかかる解錠作業を必要とするキーならば、見た瞬間にあきらめてしまうのではないでしょうか。
  •  
  • 他にも、ガラスを割って、手を入れての鍵を開けるのを防ぐために、ガラス自体割れにくいものを採用したり、ガラスに防犯フィルムを貼りつけるのも有効な手段といえるのではないでしょうか。